戦争映画 そこから見える人の心理 多角的に物事を見る力

先日、ヒトラーの映画を見ました。

 

なんでだろう?

急に映画が見たくなって、

Amazonプライムで、何見よう~~??

 

と、選ぶのだけど。

 

いつも、その時の気分とか、

何となく、ふと、これ見たいかも?

 

という自分の心の流れを見ながら決めます。

 

そして、

 

なぜだか今回は、

 

ヒトラーだったわけです。

 

 

 

「ヒトラー ~最期の12日間~」

http://amzn.asia/d/i2n6wgM

 

 

 

タイトルからして、重たい映画ということがわかる。

 

わたしはここ数年、というか、もうだいぶ長い間、

重たいだろうなと思われるものは避けてきました。

そーゆう気分ではなかったので。

 

 

でも、このタイミングで急に重たい映画が見たくなったのはなぜだろう??

 

そんなわたしの心の変化にも、わたしは自分で興味があり、

それは常に観察しています。

(それが楽しい)

 

この映画、

重たいけれど、おススメです。

 

「事実」が淡々と描かれています。

 

 

戦争映画を見ると、

その残虐さに、もう絶対に戦争なんてダメだ!!

 

という気持ちにもなります。

 

そう。

戦争なんて、

 

いいことない。

 

 

でも、

 

戦争反対!!

 

ということだけを感じるというよりは、

なぜそうなってしまったのだろう??という、

そこに生きていた人たち、一人一人の人格、

「心の流れ」に最も興味が沸きます。

 

 

みな、自分の中の正義があり、

自分にとっての正しい選択をする。

 

 

自分にとって、正しくなくても、「正しくない選択をする」という正しさを選ぶ人もいる。

 

 

そして、それがその人の人生を決める。

 

 

映画の中でヒトラーの周りの人たちは、

それぞれが、

それぞれの選択をしていきます。

(この映画は事実を忠実に描いているようです)

 

 

自分の人生の終わりを、どう終えるかの選択をしていきます。

 

もちろん、有無を言わさず戦争で亡くなる人たちもたくさんいた。

その無念さについては、想像を遥かに超えるものであると思うし、

それを実際に体験しないことには、到底分かり得ない。

 

その中で、

 

人は多種多様だということ。

 

例えば、

「ドイツ」

「ナチス」

「ユダヤ」

 

というキーワードがあっても、

そのキーワードでその中に属する人たちをひとくくりに評しても意味がないこと。

 

そこには、一人一人の人格があること。

 

前提は、

 

人は皆、この地球に生きる「一人」「一人」の集まりだということ。

 

 

一人の人間によって、

世界が変わってしまう。

 

この場合は「ヒトラー」ですが、

 

人を洗脳する能力のある人。

 

自分の思想を貫き、

弁が立ち、

人々を魅了し、

 

やがて、

ヒトラーの発言が全て という心理に陥らせていく。

 

支配していく。

 

(そのヒトラーの能力を平和のために使ってくれれば最高なのに、

と思ってしまいますが、

ヒトラーはヒトラーにとっての正義を行ったつもりなのでしょう。)

 

 

ヒトラーが世界のすべて。

 

ヒトラーのいない世界で生きていくなんて死んだも同然。

 

そう思って、自殺していく人たちもいたわけです。

 

その反面、ドイツ全体がそんな流れになっていても、

そこには染まらずにヒトラー暗殺計画を立てる人もいたわけです。

 

敗北したあとに、自殺はせずに、生きる道を選んだ人もいたわけです。

 

前提や常識が違うだけで、

人の頭が出す結論はあっけなく変わってしまう。

 

現代においては、

「国の為に命を捨てることが名誉」

 

なんて考えはなくなりましたが、

戦争の時はそれが当たり前になっていた。

 

 

これは、戦争だけでなく、どんな場合にも言えること。

 

今現在わたしたちが生きている現実の中でも言えること。

 

 

人の心理は、

 

なんとも頼りない。

 

一本の軸が立っていたって、

それは、あっけなく揺らぐこともある。

 

貫ける人もいる。

 

 

そこに良い悪いを一生懸命に言っても、

あまり意味はないように思う。

 

 

その人にとっての幸せをその人が選べることが大事。

 

 

「頭の中、心の中だけは、自分以外の誰にも侵すことが出来ない。」

 

 

これが、神様から与えられた「自由意志」なのであり、

 

本当の「自由」であり、

これが「救い」でもあるのだけれど、

 

その「自由意志」をどう使うのか、

 

という部分に強い意志を持てるようになりたいと、

改めて思います。

 

 

そして、

多角的に物事を見つめることの重要さ。

 

一つの角度からのみ見つめても、

その他の角度から見えるものに盲目的になってしまう。

 

とても視野の狭い判断しか出来なくなってしまう。

 

多角的に物事を見て判断する力、

 

この世界を生きる上で、

 

自分の世界を狭めず、

 

よりこの世界を楽しむ上で、

 

とても大切なことだと思います。

 

 

エリ

 

 

 


【お知らせ】

●以下随時募集致します

「作家として生きる道」個人セッション

@静岡県掛川市内カフェ 8千円

1.5時間~2時間くらい(その場の様子でアバウトです)

必要な方は掛川駅まで送迎致します♪

日時は相談して決めます。

お問合せはインスタDM・LINE@・メールなど、何でもOK。

まずはお気軽にお問合せ下さい♪

 


LINE@にご登録頂いている方へブログ更新のお知らせをお送りしています。

是非ご登録下さい☆

検索ID:@LEP2594E (検索するときに@マークも入れるのをお忘れなく)

ちょこちょことご登録人数が増えています。

ありがとうございます!

 

 

エネルギーコントロールは意図的に♪

こちらのボディバッグが遂にお嫁入りしました!

ありがとうございます!

 

https://erisart.thebase.in/items/16246305

 

自分でもボディバッグ使ってますが、

 

何と言いますか、

 

物凄く作品からエネルギーを感じるのです。

 

身に付けるだけで、一段階パワーアップしてる気分(笑)

 

 

だからね、ボディバッグもっと作りたいんだ。

 

 

で、今は受注のお品が溜まっているので一点物作る時間がちょっと取れない。

 

 

受注のご注文も嬉しいし、一点物も作りたいし。

 

 

で、そこでだ。

 

 

これを、自分でコントロールすることが大事だよ。

 

 

わたしは、

一点物、受注生産品、フルオーダーメイド、

この3本柱で今はやっていますが、どこに比重を置きたいかはその時の気分で決める。

 

だから、それに従って自分でコントロールする。(今はフルオーダーメイドは休止中)

(このバランスを保つことも、長く活動をする上でとっても大事)

 

そして、

そのコントロールの仕方に取り入れていることがあって。

 

それが、

 

「エネルギーコントロール」

 

です。

 

 

エネルギーを操るならば、

 

「今は受注生産シリーズのご注文は来ないでね♪一点物作りたいから♪」と、

 

意図的に神様に投げる。

 

決める時は、

 

ゆる~~くではなく、

 

ぐっと腹に力入れて「決めて」神様に投げる、

 

そんな感覚なのだけど。

 

 

そうすると、あら不思議、ご注文が入ってこない♪

 

実際、今年の1月は意図的にそうしていました。

 

そしたら、ほんとに受注のご注文がパタッと来なくなりました。

(昨年末までとてもたくさん受注生産シリーズのご注文をいただいていたので、

一点物作りたい欲求が強まっていたんだよね)

 

 

そして、一点物をいくつか作って、

 

ある程度一点物欲が落ち着いて、

 

そろそろおっけー!

 

と、神様に投げたら、

 

 

その日に受注生産シリーズのご注文が入りました♪

 

うわーマジか!

 

と、ビックリしたけど、

 

 

ほら、やっぱりね♪

 

という感じです。

 

 

そんな経験を何度もしているので、

 

わたしは、

 

意図的にエネルギーコントロールをして、

 

神様に投げる、

 

 

という方法も信じているので、取り入れてます。

 

 

このことに気付いたのはいつだったんだろう??

 

 

なんとなく、

 

子供のころから、

 

人生は自分が意図したとおりになる、

 

と信じているところがあって、

 

 

それは、実際に自分で「決めて」、

 

神様にその願いを投げていたんだと思います。

 

 

それを無意識でやっていて、

 

 

そうすると、

 

ほーら、やっぱりそうなった♪

 

 

という、

 

 

実体験を積み重ねることが出来る。

 

 

そうすると、

 

それが確信へと変わるわけです。

 

 

 

もちろん、

 

 

何でもかんでも、

 

というわけではなくて、

 

 

執着がないものほど、

 

簡単に叶います。

 

 

執着があるものは、

 

叶っていない (笑)

 

 

計算高いことも、

 

叶わない。

 

 

 

コツがあるんですね。

 

 

ただね、

 

叶っても叶わなくても、

 

どっちでもいい♪

 

くらいの軽い感じでいることが大事。

 

そして、

 

「決める」

 

という行為だけは、

 

ぐっと力を入れてね。

 

 

だから、他力とはちょっと違う。

 

自分できちんと「決め」なければ、

 

そうはならないから。

 

 

たださ、

 

もしも、今精神的に疲れていたりすると、

 

そんな願いなんて神様に投げる気にもなれないよね。

 

もしも、

 

自暴自棄になりそうな時とかだったら、

 

「神様に願いを投げる?

何なの?それ??(怒)」

 

みたいにしか、

 

感じられないよね。

(↑経験済み)

 

 

そんな時は、

 

まずはゆっくり休もう。

 

 

とにかく、

 

休もう。

 

 

 

焦らず、

 

ゆっくりと。

 

自分の心を、自分で守ってあげること、

 

とっても大事。

 

 

エリ

 

 


【お知らせ】

●以下随時募集致します

「作家として生きる道」個人セッション@静岡県掛川市内カフェ 8千円

1.5時間~2時間くらい(その場の様子でアバウトです)

必要な方は掛川駅まで送迎致します♪

日時は相談して決めます。

お問合せはインスタDM・LINE@・メールなど、何でもOK。

まずはお気軽にお問合せ下さい♪


LINE@にご登録頂いている方へブログ更新のお知らせをお送りしています。

是非ご登録下さい☆

検索ID:@LEP2594E (検索するときに@マークも入れるのをお忘れなく)


 

 

【お知らせ】インタビュー記事掲載『子育てと物づくりを両立する〜イラスト・レザーアーティスト、エリさん』【児童福祉×芸術 educart】

インタビュー記事が掲載されたので、ご紹介☆

最近立ち上がった「educart」というチームにインタビューして頂きました。

 

 


educart とは?

私たち educart(エデュカート)は、yaji(ヤジ)とkarma(カルマ)の2人を中心とした、【児童福祉×芸術】をテーマに活動を行なっているチームです。
保育園などへの出張音楽講座、障害児向けのアートセラピー、ママやパパが楽しめるイベント開催など、芸術を通して子どもたちに生きる楽しさ・自己表現の素晴らしさを伝えています。

 


 

インタビュー記事はこちら

子育てと物づくりを両立する〜イラスト・レザーアーティスト、エリさん

 

 

 

タイトル通り、

子育てと物づくりの両立、というのをテーマを中心にお答えさせて頂きました♪

わたしなりの工夫、わたしなりの考え、それが、

もしも誰かのお役に立てたら嬉しいな。

 

自分が当たり前にやっていることは、

誰かにとっては当たり前ではないかもしれないし。

 

誰かにとって当たり前のことは、

わたしにとっては当たり前ではない。

 

だから、多種多様な考えがある中で、

いろんな人の考え方に触れるってとっても実りになるよね。

 

わたしは、いろんな人の「考え」を聞いたり読んだりするのが好きなのですが、

わたしの「考え」も、そんな一つとして、

何かのお役に立てればそれはそれはとても嬉しいことです。

 

 

インタビューっていいね!

自分のことを改めて知る機会になる。

 

 

 

インタビューしてくれたkarmaちゃん、ありがとう!

 

出会った13年くらいまえ、

 

まだ15歳の少女だった彼女。

 

 

わたしがそれまで出会ってきた人の中でも、

 

群を抜いて、圧倒的パワーを感じた人で、

 

大人になった彼女を見ると、

 

うんやっぱりね!と納得する「言葉」「それに伴った行動」をしているので、

 

本当に尊敬します。

 

 

そのパッション、ほんとに圧倒される!!

 

 

彼女の中に秘めたるエネルギー全部全部が、

 

どうかこの世界に染み渡りますように。

 

 

「educart」の活動に、インタビューという形ですが関われたことに感謝。

 

 

ありがとうありがとう。

 

 

 

応援してます!!

 

 

 

13年前の自分にもありがとう。

 

あのころのわたしが、

 

とっても活動的だったからこそ、

 

膨大な人生の宝に出会え、

 

そして彼女に出会えたのだから。

 

 

 

エリ

 


 

一昨年インタビューされたこちらの記事もあわせてどうぞ♪

TOPICS FARO 2017年9月6日掲載「心のままに決める」――ある派遣女子がたどったアーティストへの道

※この時はまだ軽井沢に一生住む気満々だったころ。。。人生何があるかわからないよ!

でも、だから楽しいのだ♪ 

 

 

 


【お知らせ】

●以下随時募集致します

「作家として生きる道」個人セッション@静岡県掛川市内カフェ 8千円

1.5時間~2時間くらい(その場の様子でアバウトです)

必要な方は掛川駅まで送迎致します♪

日時は相談して決めます。

お問合せはインスタDM・LINE@・メールなど、何でもOK。

まずはお気軽にお問合せ下さい♪


LINE@にご登録頂いている方へブログ更新のお知らせをお送りしています。

是非ご登録下さい☆

検索ID:@LEP2594E (検索するときに@マークも入れるのをお忘れなく)