戦争映画 そこから見える人の心理 多角的に物事を見る力

先日、ヒトラーの映画を見ました。

 

なんでだろう?

急に映画が見たくなって、

Amazonプライムで、何見よう~~??

 

と、選ぶのだけど。

 

いつも、その時の気分とか、

何となく、ふと、これ見たいかも?

 

という自分の心の流れを見ながら決めます。

 

そして、

 

なぜだか今回は、

 

ヒトラーだったわけです。

 

 

 

「ヒトラー ~最期の12日間~」

http://amzn.asia/d/i2n6wgM

 

 

 

タイトルからして、重たい映画ということがわかる。

 

わたしはここ数年、というか、もうだいぶ長い間、

重たいだろうなと思われるものは避けてきました。

そーゆう気分ではなかったので。

 

 

でも、このタイミングで急に重たい映画が見たくなったのはなぜだろう??

 

そんなわたしの心の変化にも、わたしは自分で興味があり、

それは常に観察しています。

(それが楽しい)

 

この映画、

重たいけれど、おススメです。

 

「事実」が淡々と描かれています。

 

 

戦争映画を見ると、

その残虐さに、もう絶対に戦争なんてダメだ!!

 

という気持ちにもなります。

 

そう。

戦争なんて、

 

いいことない。

 

 

でも、

 

戦争反対!!

 

ということだけを感じるというよりは、

なぜそうなってしまったのだろう??という、

そこに生きていた人たち、一人一人の人格、

「心の流れ」に最も興味が沸きます。

 

 

みな、自分の中の正義があり、

自分にとっての正しい選択をする。

 

 

自分にとって、正しくなくても、「正しくない選択をする」という正しさを選ぶ人もいる。

 

 

そして、それがその人の人生を決める。

 

 

映画の中でヒトラーの周りの人たちは、

それぞれが、

それぞれの選択をしていきます。

(この映画は事実を忠実に描いているようです)

 

 

自分の人生の終わりを、どう終えるかの選択をしていきます。

 

もちろん、有無を言わさず戦争で亡くなる人たちもたくさんいた。

その無念さについては、想像を遥かに超えるものであると思うし、

それを実際に体験しないことには、到底分かり得ない。

 

その中で、

 

人は多種多様だということ。

 

例えば、

「ドイツ」

「ナチス」

「ユダヤ」

 

というキーワードがあっても、

そのキーワードでその中に属する人たちをひとくくりに評しても意味がないこと。

 

そこには、一人一人の人格があること。

 

前提は、

 

人は皆、この地球に生きる「一人」「一人」の集まりだということ。

 

 

一人の人間によって、

世界が変わってしまう。

 

この場合は「ヒトラー」ですが、

 

人を洗脳する能力のある人。

 

自分の思想を貫き、

弁が立ち、

人々を魅了し、

 

やがて、

ヒトラーの発言が全て という心理に陥らせていく。

 

支配していく。

 

(そのヒトラーの能力を平和のために使ってくれれば最高なのに、

と思ってしまいますが、

ヒトラーはヒトラーにとっての正義を行ったつもりなのでしょう。)

 

 

ヒトラーが世界のすべて。

 

ヒトラーのいない世界で生きていくなんて死んだも同然。

 

そう思って、自殺していく人たちもいたわけです。

 

その反面、ドイツ全体がそんな流れになっていても、

そこには染まらずにヒトラー暗殺計画を立てる人もいたわけです。

 

敗北したあとに、自殺はせずに、生きる道を選んだ人もいたわけです。

 

前提や常識が違うだけで、

人の頭が出す結論はあっけなく変わってしまう。

 

現代においては、

「国の為に命を捨てることが名誉」

 

なんて考えはなくなりましたが、

戦争の時はそれが当たり前になっていた。

 

 

これは、戦争だけでなく、どんな場合にも言えること。

 

今現在わたしたちが生きている現実の中でも言えること。

 

 

人の心理は、

 

なんとも頼りない。

 

一本の軸が立っていたって、

それは、あっけなく揺らぐこともある。

 

貫ける人もいる。

 

 

そこに良い悪いを一生懸命に言っても、

あまり意味はないように思う。

 

 

その人にとっての幸せをその人が選べることが大事。

 

 

「頭の中、心の中だけは、自分以外の誰にも侵すことが出来ない。」

 

 

これが、神様から与えられた「自由意志」なのであり、

 

本当の「自由」であり、

これが「救い」でもあるのだけれど、

 

その「自由意志」をどう使うのか、

 

という部分に強い意志を持てるようになりたいと、

改めて思います。

 

 

そして、

多角的に物事を見つめることの重要さ。

 

一つの角度からのみ見つめても、

その他の角度から見えるものに盲目的になってしまう。

 

とても視野の狭い判断しか出来なくなってしまう。

 

多角的に物事を見て判断する力、

 

この世界を生きる上で、

 

自分の世界を狭めず、

 

よりこの世界を楽しむ上で、

 

とても大切なことだと思います。

 

 

エリ

 

 

 


【お知らせ】

●以下随時募集致します

「作家として生きる道」個人セッション

@静岡県掛川市内カフェ 8千円

1.5時間~2時間くらい(その場の様子でアバウトです)

必要な方は掛川駅まで送迎致します♪

日時は相談して決めます。

お問合せはインスタDM・LINE@・メールなど、何でもOK。

まずはお気軽にお問合せ下さい♪

 


LINE@にご登録頂いている方へブログ更新のお知らせをお送りしています。

是非ご登録下さい☆

検索ID:@LEP2594E (検索するときに@マークも入れるのをお忘れなく)

ちょこちょことご登録人数が増えています。

ありがとうございます!

 

 

29件のコメント

  1. ピンバック: URL
  2. ピンバック: outfit under 500
  3. ピンバック: dental care near me
  4. ピンバック: buy subutex online
  5. ピンバック: Movers In Atlanta
  6. ピンバック: pokeronline.lv
  7. Hi there would you mind stating which blog platform you’re using?
    I’m going to start my own blog soon but I’m having a difficult time choosing between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and Drupal.
    The reason I ask is because your layut seems different then most blogs and
    I’m looking for something completely unique.
    P.S Sorry for being off-topic but I had to ask!

  8. ピンバック: Online Adult Store
  9. ピンバック: manifestation
  10. ピンバック: 501 C 3 APPLICATION
  11. ピンバック: work at home
  12. ピンバック: Dentist in New York City
  13. ピンバック: Dentist in Huntington Beach
  14. ピンバック: Anthony Morrison Review
  15. ピンバック: Dresses For Women
  16. ピンバック: Nigerian Culture
  17. ピンバック: PSYCHOLOGIST GLASGOW
  18. ピンバック: PSYCHOLOGIST GLASGOW
  19. ピンバック: exist harder
  20. ピンバック: Black Nerds
  21. ピンバック: ihaelu
  22. ピンバック: voice marketing
  23. ピンバック: promotional products in SF
  24. ピンバック: here
  25. ピンバック: dentist in edinburg texas
  26. ピンバック: Nursery rhymes songs
  27. ピンバック: Stealthd Review

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です