なぜ今NYに行くのか -その2- 親友の存在

簡単に説明するならば、『親友がNYに移住したから』と言える。
15年前に親友とは2年間ルームシェアをして生活していた。わたしも音楽活動をしていた時代。
当時から既に、シンガーソングライターとしてその存在感を発揮していた彼女。でも、お互い暗黒時代でもあった。色んなことがあった。ボロボロにもなった。
そんな時を経て、彼女はそのまま音楽の道一本で生計を立てるようになり、そのうちももクロちゃんやその他多くのアーティストに楽曲提供する人気作家としてもぐんぐんキャリアを積んでいった。それと同時にわたしは物作りの世界にシフトし、革と出会いそこに没頭し続けた。(その間にわたしは軽井沢に移住。そしてその後、彼女も一時期東京と軽井沢の二重生活、次にNYと軽井沢の二重生活、を、経て、NYへ完全移住。それとほぼ同時期にわたしは静岡へ移住、と、何か不思議と人生を同じ波で生きている)
違う分野で、お互い一人で走り続けてきた。だから、彼女の存在はとてもとても心強かった。
そんな彼女も、数年前に日本での活動に見切りをつけ、今度は世界を目指すために何のツテもない状態で単身NYへ向かった。そして昨年、NYに完全移住した。彼女の奮闘ぶりは、わたしには到底できないなと思える頑張り。さすがだな、としか思えない。めきめきと、着実に力を付けていっている。
.
.
わたし自身が特別NYに思い入れがあったわけでもなく、親友が移住しなかったら行こうとは思わなかったかもしれない。もしかしたら、NYをどこか遠い世界、と思ってたのかもしれない。それが親友が移住したことで、NYというものが、急にリアルへと変化したのかもしれない。そんな漠然とした理由でのNYだけれど、NYに行き、何を感じるのかなんてわけらないし、何かを期待しているわけでもないけれど、仕事をする上で、次なるピンポイントの目標が湧いてくるかもしれない。平坦な繰り返しではなく、また、ワクワクして仕方がないことに向けて、全精力を注げるかもしれない。
そんな風に思っている。
.
.
そしてそして、NY行きを決めてから、つい最近、気付いたことがあった。
.
.
続きは次の投稿にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です