旅写真 in NY

親友のしほりちゃんは、わたしと会うと、いつもたくさん写真を撮ってくれます。
今となっては夫は全然撮ってくれなくなったので、普段は自分の写真が全然ありません。息子との写真、家族写真も、ほんとにほんとに少ないです(笑)
.
.
だから、撮ってくれるのが有難い。記録に残るから、嬉しいね。そして、写真が上手だしね♪
.
.
ありがとう✨

わたしが考える家族像

最近、夫が息子との二人旅を始めました。
日本で、一泊車中泊の旅をしているようです。
あぁぁー、送られてきた写真の息子が可愛くて仕方ない!(笑)

.
.
それぞれが「自分の好き」を大切に出来るように、「自分の好き」で他人を支配しないように、「他人の好き」で自分が支配されないように、そして、お互いの好きを尊重出来るような家族像が、理想です。
.
.
なぜそんな風に考えるかというと、わたしは、気をつけないと、「自分の好き」を家族に押し付けてしまうから。そして、わたし自身が、「家族に合わせなくてはいけない」というのが元々強かったから。
.
.
だからこそ、わたしは「わたしの好き」をとことん貫こうと決めてます。
息子が、「息子の好き」を貫けなくなる人生にならないように。
まずはわたしから。
.
.
そして夫は、元々人に染まらず、常に「自分は自分」で生きられるタイプなので、わたしはそれにとても助けられています。
.
.
普段、特に何かについて話し合いとか、ほとんどしない夫婦ですが、なぜかなぜだか成り立っています。
まぁ、夫が大人なのでしょう(笑)
.
.
こんなキレイな言葉を並べてますが、わたしは時々夫に呆れられてます(笑)

中高の同級生との再会 in NY

彼女は20年近くアメリカに住んでいる。
.
.
中学の時に彼女を初めてみた時、他の人とは明らかに違う空気をまとっていた。なんか、日本人ぽくないの。その第一印象がとても強く残ってて。
そして、気付いたら仲良しになっていて、気付いたら同じ高校に行っていた。
.
.
そして、やっぱりね、という感じで彼女はあっという間にアメリカに渡った。
.
.
でも、なんでアメリカに行ったのかをきちんと聞いたことはなかったから、色々と聞いてみた。
.
.
ふむふむ。
納得。
.
.
色んな人から聞く話はやはり楽しい。
十人十色。
.
.
会っている時間はとてもホッとしたなー。
ありがとうっ!
.
.
そしてわたしは、また自分に問うのです。
わたしは何が好き??って。