わたしが考える家族像

View this post on Instagram

【わたしが考える家族像】 最近、夫が息子との二人旅を始めました。 日本で、一泊車中泊の旅をしているようです。 あぁぁー、送られてきた写真の息子が可愛くて仕方ない!(笑) . . それぞれが「自分の好き」を大切に出来るように、「自分の好き」で他人を支配しないように、「他人の好き」で自分が支配されないように、そして、お互いの好きを尊重出来るような家族像が、理想です。 . . なぜそんな風に考えるかというと、わたしは、気をつけないと、「自分の好き」を家族に押し付けてしまうから。そして、わたし自身が、「家族に合わせなくてはいけない」というのが元々強かったから。 . . だからこそ、わたしは「わたしの好き」をとことん貫こうと決めてます。 息子が、「息子の好き」を貫けなくなる人生にならないように。 まずはわたしから。 . . そして夫は、元々人に染まらず、常に「自分は自分」で生きられるタイプなので、わたしはそれにとても助けられています。 . . 普段、特に何かについて話し合いとか、ほとんどしない夫婦ですが、なぜかなぜだか成り立っています。 まぁ、夫が大人なのでしょう(笑) . . こんなキレイな言葉を並べてますが、わたしは時々夫に呆れられてます(笑) . . #NY #NY一人旅

A post shared by eri's Art エリ (@eriart) on

中高との同級生との再会 in NY

NYに来て4日目に思うこと

View this post on Instagram

【NYに来て4日目に思うこと】 NYに来て4日目になりました。一日目は夜に着いただけだから、実質3日目かな。 . . 初めての土地に来たこともあり、初めてのことの連続なので、すでに一週間くらい居る感覚。 . . でも、人はやはり慣れるんだなぁ。 ホテル周辺(マンハッタン)を歩き回ることは、既に慣れました。東京を歩き回るのと似ているし、観光客一杯いるし、なんていうか、うん、特に、「わぉ!」みたいな感動とかはないです(笑) . . 英語は相変わらず分からないけれど、買い物とかはどーにでもなります。うん。 . . 昨日は親友のお友達の送別会があり、わたしも参加させてもらいました。スイス人とアメリカ人のカップルが、なんと大阪に突然移住することになったそう。スイス人の女の子が京都生まれで日本が好きらしく、送別会は日本人が結構来てました。 なんで??と聞くと、「こーゆーの誘われて律儀にちゃんと来るの日本人なんだよ」と。 . なるほど。 . . アメリカ生活が長い人が多くて、なぜアメリカに来たのか、いつ来たのか、日本とアメリカの違いについて、などなど話を聞くことにわたしは興味があって、何人かに聞いてみました。 . うん、やはり、ねるほどね。 納得! と、面白かったです。 . . どこの場所に行こうが、人間は自分のフィルターを通してしか世界を見ることは出来ないので、いかにそのフィルターを真っさらな状態に出来るかで、物事の取り入れ方も変わってくるのでしょう。 . . わたしはどんなフィルターを持っているんだろう?とか、何に興味があって、ワクワクするんどろう??とか、改めて、自分が好きなものは何なのかが明確になるためにも海外に行くことは有意義だなぁと思います。 . . ただ、セントパトリック大聖堂を散歩中にたまたま見つけて、教会に足を踏み入れた時は、あぁぁー、落ち着く、、と、心底思いました。わたしのルーツなんだなぁと。赤ちゃんの時からわたしの身体に染み付いているのはやはりこれなんだ、と、痛感しました。それはそれで、改めて自分を形成しているものが何なのかを実感する機会になり、そのことはわたしにとっては大きな気付きになりました。 . . 自分観察、続けたいと思います。 . . ストーリーには細々とたくさん載せているので、見てね♪ . . #NYへの旅 #4日目 #マンハッタン

A post shared by eri's Art エリ (@eriart) on