人生で一番若い日

View this post on Instagram

これは、ある人の言葉  ↓  【人生で一番 若い日】  それは『今日』 昨日よりも一日賢く、人生最高に若い。  そんな毎日に年齢を言い訳にして  やりたい事をやらない 自分らしく生きないなんて  ちょっとつまらない、と思わない?   『若いっていいね』 それは自分への最大の侮辱の言葉。  年齢を忘れるぐらい 楽しい毎日にしてしまえばいい。   ______   ズキっグサっ  と、くる言葉だね。   そんなこと、わかってるよ。  でも、ほんとにわかってるの??   そう、自分に対して思う。    でも、ほんとにその通りだよね。  そう考えると、   やりたいこと、  やらない理由が見つからなくなるよね。     何かやりたい!と浮かんでも、  瞬時にそれを無かったことにする癖はないかな?   何かやりたい!と浮かんでも、  それが出来ない理由を必死に探してたりしてないかな?   そして、出来ない理由が見つかると、  ほーら、やっぱり出来るわけがないよ、  と、内心ほっとしていないかな。   自動的に行われる思考の癖。 無自覚の思考癖。    だって、やらなければ、  今と何も変わらず、  安心な日々が送れるものね。    何か壁を越える時、  何かにトライする時、  怖さが出てくるのは当然で、  出来るわけがない!と、鼻っから諦めることは簡単で、    でも、そこでどうするかだよね。    最初に書いた言葉を言った人は、  今、生きるか死ぬかの病の中にある。    その中でも、  自分の人生に対して生きる姿勢を変えず、  その姿をみんなに見せてくれている。    ガツンとくるな。      さて、   わたしはどちらを選ぼうか。    選択肢は、  人生の毎瞬訪れている。     人生、1ミリ動かしただけで、   その先の人生の角度は大きく変わってくるもんだ。     そりゃ、   やっぱり、    もっともっと、   生きてるなぁ!!    って、思える人生がいい。      わたしは、   そちらを選んで、   生きていく。      トライする度に、   ビクビクしてるけど、     でも、    現状維持の人生なんて、   まっぴらさ。   ________________________  #art #design #drawing #illustration #leatherworks #leathercraft  #handmade #colorful #oneofkind #一点物 #手染め #総手縫 #レザー #レザークラフト #革作家 #革小物 #革細工 #カラフルインテリア #カラフル雑貨 #erisart

A post shared by eri's Art エリ (@eriart) on