新たな挑戦!マレーシアへ その②

View this post on Instagram

【新たな挑戦!マレーシアへ その②】 ①を書いてから、あれよあれよと、 気付けば8月も終わっちゃう! マレーシア行きまで1カ月を切りました♪ NYの次に、なぜマレーシア?という流れについて書こうと思います。ほんとは書きたいことあり過ぎるんだけど、書ききれない、、 わたしがNY旅行の投稿をしていたときに、 高校時代のサッカー部の後輩ちゃんが、 こんなコメントをくれました。 「マレーシアにも来てください!」 わたしは後輩の投稿は何となく見ていて、マレーシアにいるらしい?くらいのことは知っていたけど、あまりよくわかってなくてね。 ふむふむ。 マレーシアかぁ! 次に行きたいとこリストに加えておこう、 そう思って、頭にインプット。 ここではまだマレーシアに行こうとは決めていなくて。 そしてNYから帰ってきてから日にちが経つにつれ、 海外に行く感覚が自分の中からどんどん薄れていくのを感じたのね。 そこでまた、いつも通りブツブツと夫に話すわけです。 「感覚が鈍ってくるー、またどっか行きたいー」 と。 そこで夫から返ってきた返事は、、 「行くなら直球で動けー! 旅行で行くとかそんなんじゃなくて、個展でもやってこーい!」 と!! はっとしたよね(笑) はいはい、そのとーりでございます! 仰る通り!! でね、NYは15年ぶり海外だったし、 初の一人海外旅行だったし、 もうそれだけでハードル高過ぎたから、 それ以上のことを自分に課すのはあえてやめたわけ。 「一人でNYに行く」 もう、それで合格にしたのね。 で、、、 その次は、、 そりゃ、そうだよねー。 そもそも、元々仕事で世界を飛び回りたい! という風に何年も前から頭にあったはず。 ならば、中途半端にせずに、 直球で動きなさいな! という、夫からの助言だったわけです。 それで、 また腹くくれたというか、 新たな挑戦の度に怖っ!って思うけど、 ドーン!と背中押されました。 で、そこでです。 頭フル回転。 どこで、何が出来るだろうか。 と、アンテナ張り巡らせて、 ピコーン!と閃くのを待ちました。 で、それから数日後だったかな、 ほんとに、 ピコーン!!って、閃いたのは。 後輩がマレーシアでJICAボランティアとして学校で活動している、というところまではわかっていたので、それで、ふっと浮かびました。 ん?! んんん?!?! 学校で、ワークショップやらせて貰えないかな?! と。 で、そこでまた考えるわけです。 一体、 異国の地で、 しかも革で、 何が出来るんだろうか?!?! って。 そしてまた閃いたよね。 革に自由に絵を描いて貰えばいいじゃん!! と。 これなら出来るかもー!! それが閃いてからは、 もうドキドキとワクワク。 ワクワクしちゃったから、 それはやるべき!のゴーサイン♪ ということで、、、 以前だったら閃いても、 『まー、とは言っても無理でしょ、、」と、 提案することも出来なかったであろうわたしは、 意を決して?後輩にメッセージを送ったのでした。 これが、今回の事の始まりです😊 (7月頭の出来事) 続きは次の投稿にて。 ____________________ . . – マレーシアへの挑戦まとめ – #eriartマレーシアへの旅 ____________________ 画像はワークショップのための試作。 一番下のブルー基調の作品は、 今日息子(5歳)が作ってみました♪ いやー、かわいい❤️ 子供の描く線って、なんでかわいいんだろー? マレーシアでやるワークショップがますます楽しみになりました。これ、50個くらい見られるのかと思うとゾクゾクするー! ____________________ #art #design #drawing #illustration #leatherworks #leathercraft  #handmade #colorful #oneofakind #一点物 #手染め #総手縫 #レザー #レザークラフト #革作家 #革小物 #革細工 #カラフルインテリア #カラフル雑貨 #erisart

A post shared by eri's Art エリ (@eriart) on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です