バイバイNY!

帰国日の備忘録。不可能を可能に変えるやり方♪
.
さてさて、いよいよ帰国日!
飛行機はお昼過ぎの便だったので、特別早起きする必要もなく、ゆっくりと支度して、ホテルのチェックアウト(飛行機に乗るときはとにかくラクな服装にしてます)
チェックアウトは、カードキーを返すのみで、ほんとにラクでした♪
.
.
ホテルを出たところで、uberを呼びます。アプリを立ち上げて、行き先を指定。そうすると、ドライバーを自動検索してくれます。ドライバーが決まると、車の車種やナンバー、ドライバーの名前や顔写真が出るのでそれで確認。
何分後に到着します、とか、事細かに出るのでとても使いやすい。車の位置も、完璧に正確に表示されているので、見つけやすい♪
.
.
そして車を発見したら、まずはナンバーを確認。よし、これで合ってるな、となると、ドライバーから名前を聞かれるので答えればok。
.
.
あとは、乗車して空港まで連れて行ってくれるだけ。事前に登録してあるクレジットカード払いも全て自動なので金銭のやり取りも必要なし!(金額も全てアプリで表示されます)
ほんとにほんとに、安全とラクさを選ぶならuberはとっても便利ですね!
.
こーゆう細かなところ、既に使ったことある人にとっては当たり前でも、知らない人にとっては未知のこと。uberって何???というところから始まると思うので、詳しく書いてみました。
詳しく知ることで、それを使うことをイメージしやすくなる。イメージ出来ることは人は行動に移しやすくなる。
つまり、いかにイメージしやすくするか?というところに労力を使えば、今まで未知すぎて手を出せなかったことにも手を出せるようになる。ビビって出来なかったことに対してもハードルを下げることが出来る。
だから、まずは調べてイメージしてハードルを下げていく、という作業が本当に有効的です♪
.
そして、ここで気をつけなくてはいけないのは、いかに、「鼻っから諦めていること」が多いことに気付けるか?ということ。
今置かれている自分の状況、環境など、全てを一旦横に置いておいて、まさか叶えられるとは思えないようなことに対しても、さっさとこうやって具体的にイメージを膨らませてしまうことが大事。イメージを膨らませるのは無料だし、頭の中で行われているだけだから誰にも迷惑は掛けないよ。
そして、そういう風にまずは自分一人で小さなことから現実化に向けてエネルギーを動かし始めるのです。
そうすると、「まさか!そんなことが!自分が出来るだなんて?!今は信じられない🤮!」ということでさえ、あれ?!もしかして?!出来るのかも?!というマインドに自分が変わっていきます。じわじわと。
そうすると、それが可能になる状況も整えられていったりするので、もうね、まずは自分からエネルギーを動かし始めましょう♪
そう考えると、特別な無理した努力って必要なくなるじゃない??何かを頑張らなくちゃ!!!と気張る必要もなくて。自分を周りに合わせるのではなく、周りを自分に合わせていくのです。それは、他人を変える、というワガママなことではなくて、自分の頭の中にある「解釈」を、自分にとって動きやすくする解釈へと変えていく、という作業。だから、これも一人完結で出来るの。
.
ところで、空港まで乗ったuberですが、色々話しかけてくる運転手さんでした!(無言のまま、ってパターンも多いんだけど)NYにいる間は基本英語に埋もれている日々なので、どんどん自分の耳が英語に慣れていく実感がありました。日常会話でよく使われるフレーズがわかったり、聞き取りも確実に初日よりは出来るようになっていました。
.
と、いうことで、
「スーツケース軽いけどお土産買ってないの?」とか、(いやいや、重いよ!行きは半分しか荷物入れてなかったけど、帰りはお土産で残り半分埋まったんだけど、、)「韓国人と日本人は肌が綺麗だけど、なにか秘密はあるのか?」とか聞かれました(笑)
ま、返事はてきとー英語ですが。
.
空港に着いてからは、出国手続きは簡単に済むので、特に大変なこともなく、のんびりと飛行機に乗って無事日本に帰ることが出来ました。
.
行きは映画見てもほとんどうとうとしちゃって見れなかったので、帰りはバッチリ見ました!(帰りは離陸前に既に寝ちゃったけど(笑)そこからしばしうとうとしてたんだけど、そのお陰で途中からパッチリ目が覚めた♪)
.
●アリー / スター誕生
●リメンバーミー
.
この2本がすごく良かった!リメンバーミーは泣けた!
アリーは、ガガ様の歌の素晴らしさに惹かれまくった。魂の歌を歌える人だね。
.
そして、わたしは飛行機長距離移動を楽しく感じる♪という自分も発見。ずっと座っていて体が鬱血する!というのを除けば、ご飯は出てくるし、寝たいときに寝られるし、見たいときに映画観れるし♪あー、なんて自由な時間なんだろーって、思いました(笑)
.
と、いうことで、旅を通して大きなトラブルなく過ごせたことに感謝。
良かった、ちゃんと生きて帰ってきて家族と再会出来た、ということは、ほんとに至福ですね✨
.
今回のNY一人旅を通しての総合まとめはまた次に書きます😊

NY最終日にしてブロードウェイをようやく観に行く

さてさて、いよいよのNY最終日は、親友とブロードウェイを見に行くことに。
チケットの値段は演目によってピンキリ。日にちによっても結構変わる。
Today Tix というアプリを使ってチケットを予約。開演30分前から劇場前にチケットを持ったスタッフがいるので声をかけてスマホの予約画面を見せて、チケットを貰う、という簡単なシステム。
.
.
今回の旅にだいぶ満足出来ていたので、午前中はホテルでゆっくり過ごしました。そしてお昼に毎度のフルーツを買って、NYに来てから何度もお世話になったBryant Parkで食べてからブロードウェイに向かいました。
公園に行ったのがちょうどランチの時間帯だったからか、凄い人だった!
そして、Times Squareも、人人人!!
.
.
観た演目は、
『DEAR EVEN HANSEN』
音楽がいい!ということで観に行ったのですが、最初に一生懸命に英語を聞き取ろうとしてたらそのうち英語が子守唄になってしまいました😂 うとうとし過ぎた!チケット高かったのに!(笑)
そんな感じで、、、
これについてはまた自宅に戻ってから改めて音楽を聴いたりストーリーを読んだりしてみようと思っています。
.
.
NYに行ったら毎日ブロードウェイを見漁るのも、いいかもね♪

派遣時代の友人との再会 in NY

先程帰国したのですが、NY備忘録を書き終えていないので続きです。
.
.
派遣社員として働いていた20代。当時、同じ職場で働いていた友人が今はNYで働いているので、急遽連絡を取り合い会えることになりました♪
.
.
彼女にも、何でアメリカに来たのか?などを色々聞きました。NYで会った日本人にはみんなにこの質問した気がする(^^; 多分、いつも聞かれているであろう質問に、みんなちゃんと答えてくれて有り難かった。
そして、やはりやはり、全員の共通回答は、「NYは周りを気にしなくていいからラク」でした。
.
.
ふむふむ。
多種多様な社会であるが故だよね。
.
.
晩御飯を食べたあとは、Brooklyn bridgeに連れて行ってもらいました。
夜景がキレイだったよ!写真より実際の方がずっと良かったよ✨
.
.
一緒に働いていた頃の姿と良い意味で全然変わってなくて、嬉しかったな。
会えて良かった!
.
.
そして地下鉄に乗ってホテル最寄駅に着いたらパフォーマンスしている人発見♪
こーゆうのがNYらしさだよね。